2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 絵画展 | トップページ | 教え子 »

親鸞聖人

2015・7・31sun35℃

「宗教なんて別に興味がない。法事の時、読経を聴きながら、それぞれが何を考えて

たって別にいいんじゃない。」と友達は言うけれど、私は、そうは思えなくて、ちゃんとお

経の意味が知りたいと常々思うんですよね。

何人かのお坊様に伺っても、難しくてなかなか理解できないので、この前から、インター

ネットで調べています。

親鸞の教えがずばり書かれているという「正信偈」というお経とその現代語訳というの

をやっと今夜見つけることができました。 やっと、すっきりした気分です。

「ヤフー」で「なみあむだぶつ全文」で検索し、「正信偈全文」をクリックするとお経と

現代語訳をみることができましたよ。

最後の部分だけでも紹介してみます。

願以此切徳  平等施一切  同発菩提心  往生安楽国

《現代語訳》

願うことはこのことだけです。それはどの国のどのような人にでも「真面目に生きたい」

と願うならば、その人に念仏の教えが伝わるように祈るばかりです。

すでに念仏している人。いま念仏を始めた人。いずれ念仏に遠を結ぶであろう人。

全ての人は念仏者「同朋」だと信頼して私はまわりの人々にあたたかい言葉をかけ

懇(ねんごろ)に接していきます。それらの人々と共に念仏を喜び、念仏するところに

阿弥陀如来からの生きる意欲と励ましと勇気を全身に感じて生きていきます。

« 絵画展 | トップページ | 教え子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1421001/60978762

この記事へのトラックバック一覧です: 親鸞聖人:

« 絵画展 | トップページ | 教え子 »